なぜ巻き爪になるの?

爪切り

間違った爪切りを行うと様々なトラブルが生じます。

巻き爪になったり、陥入爪(かんにゅうそう)になったりします。

爪疾患

爪が水虫になると、爪が爪は分厚くなり巻いてくる傾向にあります。

爪水虫は痛くも痒くもないので気付かない事が多く、放置すると巻き爪が進行したり

手足の爪すべてに広がる場合があります。疑わしい場合は病院で検査し、

爪水虫ならば、治療の後に巻き爪補正をしましょう。

足に合っていない窮屈な靴は巻き爪や外反母趾、内反小趾などといった

色々な足のトラブルを作ります。

体重

慢性的な肥満や急激な体重の増加も指先への無理な圧迫で巻き爪や陥入爪になる事があります。

特に妊婦になると、短期間で急激に体重が増加するので、その事がきっかけとなり

巻き爪や陥入爪になる場合があります。

怪我

爪が深い位置で割れると巻き爪になる事があります。

また怪我が元で爪が抜け落ちると陥入爪になる確率が高くなります。

陥入爪は爪切りが困難なので爪端にトゲができて皮膚が膿んでしまう事があります。

ひどくなると肉芽ができて激しい痛みを伴います。

加齢

爪は肌と同じで年を重ねるごとに乾燥します。

乾燥すると縮むので巻き爪になります。

また加齢と共に爪に厚みがでてきます。

健康状態

医学書によると健康状態が8割程度の割合で爪に現れると言われています。

内疾患が元で爪の色が変わったり、形状が変化する事があります。

遺伝

巻き爪になる原因を全て排除し長期間巻き爪補正を行っても新しく生えてくる爪が

常にひどく巻いてくる場合があります。

もし健康状態に問題がない場合には遺伝的な巻き爪が疑われます。